転職サイトと転職エージェントの違いを解説! | どちらも利用するのが得策

転職ノウハウ

本記事では、転職サイトと転職エージェントの違いについて解説しています!

転職サイトとエージェントの違いを知りたい人「転職サイトとエージェントって何が違うん?」「どうやって使い分ければいいの?」

こういった疑問を解決できる記事になっています!

■転職サイトと転職エージェントの違い

ハンドシェイク, 手, ノート パソコン, モニター, オンライン, デジタル

まずは簡単に大まかな違いについて解説します。

★転職サイトは、webサイトで転職情報や求人を探すことができるサービス。

  • 就活でもよく使われる、リクナビやマイナビのようなものを思い浮かべるとわかりやすいです。

☆転職エージェントは、対人型のサービス。

  • 転職支援のプロが転職希望者の悩みや希望をヒアリングして、1人ひとりに適した転職先を紹介してくれるサービスのこと。

要は、

  • 1人で転職活動をするのか
  • エージェントを利用して転職活動をするのか

これが違い。

それでは一体どっちを利用した方が転職が上手くいきやすいのか。

下記で詳しく解説しています。

転職サイトと転職エージェントの6つの細かい違いを下記で解説します!

  • 気軽さ・手軽さ
  • 転職活動期間
  • アドバイス
  • 求人数
  • 応募可能な求人数
  • 転職成功率

この5つの面で転職サイトと転職エージェントでは違いがあります。

気軽さ・手軽さ

気軽さ・手軽さの面では圧倒的に転職サイトです。

なぜなら、求人の応募や面接の日程調整など全てスマホ1つで、どこでもできるから。

転職エージェントだと、

  • 転職エージェント企業先に訪問する
  • カウンセリング・ヒアリングをしてもらう
  • 求人を紹介してくれる
  • 応募 etc..

とそれなりの手順を踏んでいかないといけません。

自分1人で転職活動をするのが不安な方は転職エージェントが良いかもしれませんが、気軽さ・手軽さで言ったら圧倒的に転職サイトです。

転職活動期間

転職活動期間は短く済む転職サイトに軍配。

転職サイトでは上記でご紹介した、転職エージェントの手順を踏まない分、転職期間を短くすることが可能。

転職エージェントだと、転職希望先との面接の日程調整なども相まって、1~2ヶ月ほどの転職活動期間が必要に。

ただ下記でも解説していますが、転職の成功率は転職エージェントの方が上。

結果、転職エージェントの方が短くなる可能性も。

アドバイス

アドバイスに関しては、転職エージェントの方がよりリアルなお役立ち情報を得ることが可能。

転職先を決める方法や職務経歴書などの書き方のアドバイスなども受けることができます。

転職希望の方で割と困りがちな、現職の退職方法などについてもアドバイスしてくれます。

求人数

求人数はそれぞれのサイト・エージェントによって異なるので一概には言えません。

ただ、転職エージェントには非公開求人があったりもします。

自分では見つけられないような求人を発見できる可能性があるのは転職エージェント。

応募可能な求人数

応募可能な求人数は、圧倒的に転職サイト。

転職サイトに掲載されている求人は何社でも応募可能。

一方転職エージェントでは、転職希望者に合った企業を厳選して紹介してくれます。

なので、転職エージェントの方が転職先とのミスマッチを防げる可能性が高い。

これに関してはどちらにもメリット・デメリットがあります。

どちらも利用するのが得策。

転職成功率

転職成功率が高いのは転職エージェント。

上記でもご紹介しましたが、

  • 様々なアドバイスを受けられる
  • 1人ひとりに合った、厳選された企業を紹介してくれる

このことが、転職成功率を上げています。

ただ、転職サイトにも転職のノウハウなどの情報が掲載されている場合がほとんど。

転職サイトでも十分成功させることが可能。

転職サイトと転職エージェントの違いのまとめ

転職サイト 転職エージェント
気軽さ・手軽さ
転職活動期間
アドバイス
求人数
応募可能な求人数
転職成功率

■おすすめの転職サイトと転職エージェント

おすすめの転職サイト・転職エージェントに関してこちらの記事で詳しく解説しています!
[nlink url=”http://jobchange-house.work/site-recommended/”]

人気記事【2020年】利用するべきおすすめ転職サイト・エージェント

人気記事DIVERKの評判を紹介! 社会人インターンで企業とのミスマッチを防ぐ!

人気記事【リクルートエージェントの評判】転職支援実績No. 1の実態