【売れ筋】本当におすすめできる転職本ランキングを厳選紹介! ランキング上位は本当に良書?

転職関連の本

転職に役立つ本が知りたい人「転職に関する売れてる本ってどれ?」「Amazonとか楽天のランキング上位の本って本当に役立つ?」

本記事ではこういった疑問を解決できる記事になっています!


本記事の内容は以下の通りです。

  • 【売れ筋】本当におすすめできるランキング上位転職本
  • ランキング上位本を実際に読んでみた感想とおすすめ度
  • 買うならどの本がいい?
この記事を書いている私は今までに3度の転職を経験しています。今のところ次の転職をするつもりはありませんが、する可能性もあるのでその時のために今でも役に立ちそうな転職に関する本をよく買っています。その経験を元に売れ筋の転職本をランキング形式でご紹介し、実際に役立つのかどうかについて解説します!(ネタバレがない程度に)

【売れ筋】本当におすすめできるランキング上位転職本

本, 書架, 書棚, 書籍, ビジネス, 色, データ, 教育, ファイナンス
楽天とAmazon両方でランキング上位に入ってる転職関連本はこの3冊。

  • このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法
  • 転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方
  • 「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分の軸」の作り方

楽天とAmazonの転職関連本ランキングはこちら

上2つの本が圧倒的に売れている

2つの本が楽天・Amazonどちらでも圧倒的に売れています!ほぼほぼ毎日3位以内には入ってます。最後の1冊は強いて言うなら、というレベル。それでも上位20位以内には大体入っています。

それではこの3冊はランキング通り、役に立つ本なのかどうかについて考察・解説していきます。

第1位 このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

本書で解決する「悩み」→会社を辞めるべきタイミングがわからない「/年収は下がるけど、魅力的な会社」への転職はあり?/自分の市場価値をどう測るか、そしてどう高めるか「/中途で入るべき会社」と「新卒で入るべき会社」をどう見極めるか「?/本当にやりたいこと」がいつまでたっても見つからないがどうすればいいのか……etc

商品情報

発売日 2018年6月22日
著者/編集 北野唯我
出版社 ダイヤモンド社
商品レビュー 4.38(レビュー数684件)2020年4月現在
価格 1,540円(税込)

※レビューは楽天+Amazonの平均値

この本を読むのがおすすめの人

  • 「いつでも転職する・できる」という自信をつけたい人
  • 転職をする上での思考法・判断軸を身につけたい人
  • このまま今の会社にいていいのか疑問に思っている人
  • 年収よりも魅力的な会社に転職したい人
  • 今後伸びる会社、消えゆく会社を見極めたい人
  • 「中途で入るべき会社」と「新卒で入る会社」の違いが知りたい人
  • やりたい仕事がない人

【結論】から言うと絶対に読むべき!堂々の第1位!

良本を読み終わったあと、自分の中で何かが変化したとき、それは良書ということになる、と思っています。行動でも心情でも。

この判断基準で言うなら正にこの本は「良書」。転職を考えている人は絶対に読むべき本です!

転職に必要なのは「情報」でも「スキル」でもなく確かな「判断軸」である。

これがこの本の謳い文句。転職関連の本って結構面接のテクニックや心構え(メンタル)や各企業の情報を発信しているものが多いです。

でもこの本ではそんなスキルや情報よりも判断軸が1番大事だと。この時点で他の本とは何か違う感じがしていいですよね!私も秒速で購入しました。

小説形式で書かれていて感情移入がしやすい

  • 転職の軸
  • 自分自身の市場価値
  • 企業・業界の見極め etc…

主人公青野の転職活動が小説形式で描かれています。個人的に小説は好きなのでかなり読みやすかったです!ビジネス書って堅苦しいじゃないですか。

全ての人がやりがいを求めなければいけない、わけではない

重要なのは、どうしても譲れないくらい「好きなこと」など、ほとんどの人間にはない、ということに気づくことなんだよ。

この切り口がとても気に入っていて「この著者と話合いそうだな」と思いました。笑

本当にその通りだと。「やりがい」を求められる社会の風潮って不健全だと思いませんか?もちろんその仕事が大好きで大好きで仕方がない!という方も少なからずいます。

ただこの本は「みんながみんなやりたいことがあると思うんじゃねぇぞ?」という視点に立って述べられています。

第1位なので少し長くなってしまいました(_ _)

やりたい仕事がない人におすすめの記事

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法のレビュー例

★★★★★
辞表を書けば楽になる
2018年8月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

会社勤めにモヤモヤした気持ちを抱えているなら、一度は読むことをおすすめします。
転職と銘打ってはいますが、要約すると、働き続けるための知恵を説いている本なので、生き残る術を身につけるためにも役立ちます。
会社組織は仕事をする場所であるにもかかわらず、そこにいることが目的になってしまっていないか。
どこでも通用する立ち回りを身につければ、組織のしがらみから解放されて自由になれる。
そんなことを教えてくれます。

★★★★★
仕事とは、生きるとは、から考えさせられる本
2018年6月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

転職を既に考えてる人だけでなく、そもそもお金以外に働く意義を見出せない人や働いたことがない就活生にも読んでほしい一冊。「仕事とは」「生きるとは」から考えさせられるます。(後半部分で触れてるので、そこから読んでも良いかと。)

決して強みを活かす転職のノウハウが書かれているわけではなく、強みも経験もない、やりたいこともわからない、そんなごくごく“普通の人”に向けたメッセージがたくさんあります。

個人的には「やりたいこと」や「やりがい」を求められる社会の風潮が嫌いだし、考えることも避けていました。本書では「すべての人がやりがいを求めなければいけないわけではない」という視点に立ちつつ、それでもなおやりがいを求めることがどう大事なのか、優しく教えてくれました。「重要なのは、どうしても譲れないくらい『好きなこと』など、ほとんどの人間にはない、ということに気づくことなんだよ。」という切り口もよかったです。

もちろん“普通の人”に向けた具体的なノウハウも詰まっており、普通の人は成長産業に身を置くことが大事という切り口から成長産業(会社)の見つけ方に多くのページ数を割いて解説しています。
転職するしないに関わらず、“いつでも転職できる”という選択権を持つことで人は自由になれる、という著者の思いを感じながら読んでほしいです。

★★★★★
転職できる状態にある、という強みと自由。
2018年9月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

主は転職、キャリアの考え方に関する本ですが、転職に限らず人生についても話が及びます。読んでみて、「社会人になる時点で読みたかった」と感じました。
印象的であったのは下の点です。

・転職に必要なことは、知識でも情報でもなく、どう選べばいいかという判断基準『思考法』である。
・特別な才能を持たないほとんどの人間にとって重要なのは、どの場所にいるか、つまり『ポジショニング』である。
・「どんな人でありたいか、どんな状態でありたいか」を重視するbeing型の人間にとって重要なことはマーケットバリューを高めることである。
・仕事のライフサイクルを考慮し、自分の強みに軸足を残しながら、もう片足を今後強くなる仕事に少しずつずらしていく。

私は転職を考えてはいませんが、「転職できる価値を持つこと」が重要であると認識しました。現在の会社でしか存在できないのではなく、どこでも活躍できるような状態であること。これにより、自分と素直に向き合いながら仕事を進めることができるようになると考えます。

★★★★★
転職って一体なんだ?
2018年10月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

本書冒頭に出てきます
「大企業で何となく20年働き、深い専門性がないわりにプライドだけは高い人」
にドンピシャリな私です。

30代後半より人生もろもろの軌道修正を試み、
おおむね成功していますものの、転職だけは上手くいきません。
転職ハウツー本は読む気がしなかったのですが、
Webサイトで筆者のコメントを拝見した際、(なんかあまり耳にしない意見だな)と興味がわき本書を手に取りました。
本書では私の中でモヤモヤとしていた転職に対する不安と期待の正体の大半が
うまく言語化されており、読後に(やっぱり私は転職しよう)という気持ちを新たにすることになりました。

読書前後で自分が変わってしまう可能性を秘めた良書です。

こちらからも購入できますこのまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法   /ダイヤモンド社/北野唯我

第2位 転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

「転職アドバイスが的確すぎる!」「motoさんの発言を参考にしたら年収が上がった!」など、各種SNSで圧倒的支持ーー! 年収240万円の地方ホームセンター勤務から、4度の転職と副業を駆使して年収5000万円を稼ぐようになった「次世代型サラリーマン」の初の著書。

商品情報

発売日 2019年8月9日
著者 戸塚俊介(moto)
出版社 扶桑社
商品レビュー 4.06(レビュー数211件)2020年4月現在
価格 1,540円(税込)

※レビューは楽天+Amazonの平均値

この本を読むのがおすすめの人

  • 年収を大幅アップさせたい人
  • 「安定」を手に入れたい人
  • 採用を引き寄せる転職活動の実践テクニックが知りたい人
  • 副業でも稼ぎたい人
  • 副業収入を最大化させるTwitterブランディングをしたい人

motoさんのTwitterアカウントとサイト

motoさんが運営しているサイト【転職アンテナ】

【結論】から言うと、この本もランキング上位なだけはある!

この本の著者を知ってる方も多いと思います!新卒で地方のホームセンターに入社してレジ内からキャリアをスタートさせ今となっては広告ベンチャー企業で営業部長。

  • 年収も240万➡︎1000万へ
  • 副業では年収4000万

これらの情報を見るだけでもわかります。かなり説得力のある本です。まだ32歳ですが、転職は4回経験。私よりも多いですね(まだ20代なので越せるかも…??)

第1位の本との違い

安定」「生涯年収」「副業」というのがこの本のキーワードで第1位の本とは違うところ。同じ転職関連本でも主義主張がかなり違うので自分の考えや求めていることが何なのか判断しましょう!

令和時代のロールモデルを提唱

「安定」だと言える業界・業種はもう無い、と言っても過言では無い時代になりました。明日会社が倒産するかもしれない。その時あなたはどうしますか?

この本では、

  • キャリアを自分で取りに行く
  • 個人で稼ぐ力を持つ

この2つの考え方を提唱しています。(提唱は大袈裟かも?)この2つを実現させることで「本当の安定」に繋がる、と。

「本業×副業×転職」このかけ算が重要

  • 本業
  • 副業
  • 転職

これらをかけ算することで生涯年収を最大化する、というこれからの時代にピッタリな方法でキャリアを築いていきたい方には確実に役立ちます!

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方のレビュー例

★★★★★
令和時代を生きるサラリーマンの教科書
2019年8月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

電子版で先行発売とのことで購入してみました。結論から言うと、書籍でも購入します。これから働き続ける上で、教科書的に何度も読み返したいと感じたからです。

内容としては、筆者の生い立ちから現在までのストーリをざっくりと、その上で年収240万円のホームセンター店員から、年収5,000万円のサラリーマンに至るまでに行ってきた転職術や副業術が事細かに書いてあります。この手の本はやる気を煽るタイプ——エナジードリンクのような書籍が多い印象ですが、本書ではとにかく実践的なテクニックが盛り込まれているのがポイントだと思います。

個人的に刺さったのは、「理想のキャリアは、願望から逆算して考える」、「転職も副業も、本業ありきだ」というmotoさんのキャリア論。ツイートとブログだけで年収数百万円アップの転職成功者を何名も生み出しているだけあって、最高の仕上がりだと思いました。今年読んだ中で、ナンバーワンの実用書です。

★★★★★
転職本としても副業本としても各々が一冊分以上の濃密さ!
2019年7月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

骨太かつロジカルなストーリーでぐいぐい読ませる。

転職パートだけでも再現性の高いノウハウ詰まってて、これだけで一冊になる濃さなのに、副業パートもmotoさんの独自メソッド満載で、二冊分以上の価値を感じました!

★★★★★
サラリーマンの働き方のススメ
2019年7月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

サラリーマンで将来に不安のある人に一読を勧める。収入を増やす方法を転職と副業で実現した著者の働き方への考えを学べる。若いサラリーマンが対象になっているかもしれないが、50代のサラリーマンにも参考になる内容が見つけられると思う。今後は人生は長く、リタイアして年金暮らしは実質厳しい環境となる中で、いくつになっても自分で稼げる手段を手に入れないと。

★★☆☆☆
生涯年収命
2019年8月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

世の中を俯瞰して見る力のある方ですが、その能力を少しでも社会貢献や社会問題の解決に使っていただきたい。同僚がこんな感じの人だったら、仕事ができてもいつ辞めるかわからないし、信頼関係が結べないでしょう。

また副業はコンテンツ配信なんですね。もう少し実務的なヒントが得られると思いましたが期待はずれでした。

★☆☆☆☆
これって情報商材じゃないのかな
2019年8月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

帰省した際に地元の友達が絶賛していたので、普段は読まないジャンルですが購入してみました。

内容自体はいたって普通で目新しさはなく、なぜここまで人気になっているのかは不思議でしたが、SNSでの人気に支えられているということでしょうか。

私が変だなというか、悪質だなと感じたのは短大卒でもキャリアを積んで年収1000万、副業で4000万稼げるいうことをキャッチコピーとして使っているにもかかわらず、著者の実名はおろか勤務先もリクルート以外は示されていません。

また、副業の4000万の具体的な内訳(ブログの閲覧数がどのくらいでどれだけ売り上げがあるのか等)もなかったので、数年前に問題になったの情報商材と同じ類である印象を持ってしまいました。内容も実体験ではなく、ネットから拾ったんじゃないかと思うくらいに。

最後に副業を勧めるブログを副業として稼いでいることは皮肉が効いていると個人的には思いました。

こちらからも購入できます転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方  /扶桑社/moto

第3位「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分の軸」の作り方

転職、キャリア、働き方での「モヤモヤ」や不安を一気に解消!今の自分に市場価値はあるのか?自分の好きなことで稼げるのか?世の中で認められるようになるのか?自分の価値をアップデートし続けていけるのか?あなたらしく評価され、認められ、ちゃんと稼げるようになるための「これからのセオリー」。

商品情報

発売日 2019年4月27日
著者 松本利明
出版社 KADOKAWA
商品レビュー 3.76(レビュー数50件)
価格 1,540円(税込)

※レビューは楽天+Amazonの平均値

この本を読むのがおすすめの人

  • 「会社」「時代」「人」に左右されず自分らしく稼ぎたい・活躍したい人
  • 「やりたいこと」「好きなこと」で稼げていない人
  • 自分の軸を見出したい人

【結論】から言うと、第1位、第2位の本と補足として読むと良い!

  • 自分の価値をいかに高めるか(ブランディング)

この本はこれを主に解説しています。第1位の『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』でも解説されていることを更に特化した、深堀した、という感じの本です!

でもブランディングって今の時代めちゃくちゃ重要なんですよね。副業をする上でも非常に役立つこと。私も実際に読んで自分の価値を高めていっている最中です!

自分のキャラクター・強みが企業のどのフェーズで発揮できるのかを考える

自分が1番活躍できる時期はいつなのか?

  • 創業期?
  • 成長期?
  • 安定期?
  • 衰退期?

このどのフェーズでも誰かしらのニーズはある。これは私の中で今までなかった考え方だったので「確かにな…」と思いましたね。

自分がどのフェーズで本領を発揮できるのか判断できれば数ある企業の中から自分が活躍できる会社を簡単に見つけることができますね!

正直北野唯我さん著の第1位の本でこと足りる

まず最初はこれを買った方が良い!とはならないかな、という印象です。北野唯我さんの本が良すぎるというのもありますね…「自分の軸を確立する」「自分のブランディングをする」という内容は既に第1位の本で色濃く書かれています。

北野唯我さんの『転職の思考法』を読んで、もっともっと自分をブランディングしていきたい!という方におすすめです!

 「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分の軸」の作り方のレビュー例

★★★★☆
一般的でオーソドックスな内容だと思います
2019年6月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

既に学び取っていることを確認出来たとは思います。。20代か30代前半で自分自身の成長戦略を考えたい人には学びが多い本だろうと思います。

★★★★★
最高!
2019年8月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

著者により教示されている、徹底的にこれまでの職歴・経歴を洗い出し自分を売り込むための表を作る作業を得て、キャリアの棚卸しをすることはとても有益でした。

スキがない自分を売り込むための書類を作ることができ、転職をしないにしても職場に待遇の改善を求める上でもメリットがあると思います。

★★★★★
内容が良い 薄っぺらくない!
2019年6月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

結構なボリュームもあり、読み応えもあります。

一度だけではなく何度も読み直したり出来ると思う。

内容は他のレビューでも詳しく書いてあるので割愛しますが、転職や自分のブランディングとか悩んだりする人はいいきっかけになるのでは!

面白いく読めました。

ありがとうござます。

★★☆☆☆
ロジックがない、参考にならない
2019年9月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

人材業界営業20代です。

値段相応の価値はない本でした。

自身のキャリアの参考と、キャリアコンサルタントとしての勉強にと購入しましたが、記載内容に根拠、ロジックが乏しく、また漫画の主人公の事例を羅列され、著者の主観が強すぎる参考にならない書籍と感じました。

同じテーマなら、北野氏著の書籍のほうが圧倒的に参考になりました。

そちらを読めば、この本からそれ以上に得られるものは無いかと思います。

こちらからも購入できます「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方  /KADOKAWA/松本利明

買うならどの本がいい?転職本ランキングまとめ

購入, ショッピング カート, キーボード, オンライン, ショップ, 販売

ここまでご覧いただきありがとうございます!上記でも「この本は買うべき!」だの「まあ優先順位は高くないかな」だの述べてきましたので繰り返しになりますが、購入するなら!

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

この2冊が圧倒的におすすめ!全転職関連本の中で群を抜いて有益です!

合わせて読むとおすすめの転職関連記事



あなたの転職活動に役立つはずですので、是非参考にしてください!



人気記事【2020年】利用するべきおすすめ転職サイト・エージェント

人気記事DIVERKの評判を紹介! 社会人インターンで企業とのミスマッチを防ぐ!

人気記事【リクルートエージェントの評判】転職支援実績No. 1の実態